乳がんについて

乳がんは、乳房で発生する悪性腫瘍です。多くの場合は乳管か小葉で発生します。

がんとは

がんは、遺伝子の突然異変によって異常が発生(がん化)した細胞が、コントロールを失った状態で繁殖と転移を続け、周囲の組織を侵していく悪性腫瘍です。

人の体は数十兆の細胞が絶妙にコントロールされて成り立っています。しかし、ときによってこのコントロールが効かなくなり、まわりと無関係に増え続ける異常な細胞が出てきます。こうした異常細胞の塊を「腫瘍」と呼びます。

がん(悪性腫瘍)は、特徴として、どんどん増殖を続け、周囲の正常な組織に侵入し、しまいには腫瘍が最初にできたところから離れて、血液やリンパの流れに乗って体の他の部分に拡がることもあります。この過程を転移と呼びます。

about-breat-cancer-3

乳がんの10のリスクファクター

1. 喫煙や過度な飲酒の習慣がある
2. 初潮が早い (10歳以下)
3. 閉経が遅い (55歳以上)
4. 出産経験がない
5. 高齢出産
6. 肥満
7. 家族に乳がん、もしくは卵巣がんの人がいる(母、姉妹など)
8. 乳房疾患の既往がある
9. ホルモン補充療法を長期間受けている
10. マンモグラフィ撮影で乳腺組織密度が高いと言われたことがある

乳がんの12のサイン

乳がんは、どのような方法で見つけることができるのでしょうか?
見た目の症状は?感触は?
どんな変化に注意を払えばよいのか、「乳がんの12のサイン」をわかりやすくレモンで表現してみました。

乳がんの12のサイン

このような症状が改善しないことに気づいたら、医師に相談しましょう

乳房の組織構造

乳房の大部分は脂肪と結合組織でできています。乳頭、そのすぐ後ろに乳管洞、そこから乳管がはしり、乳管の先の肋骨付近に乳腺小葉、そして脇の下やデコルテ部分にリンパ節があります。
胸をさわってチェックしてみると、乳腺小葉は柔らかいグリーンピース、リンパ節は柔らかいお豆のような感触がします。

Q: がんの可能性が高いしこりはどのような感触?
A: 下図、右のレモンを見てみましょう。(②乳がんはこんな感触)

乳腺小葉やリンパ゚節とは違って、がんのしこりは固く、レモンの種のような感触です。
がんのしこりは触っても動かないことが多いです。

乳がんについて心配ですか?

こちらから詳しく学ぶことができます

乳がんの早期発見

どうやって自己検診をするの?

パートナー